自分磨きとして専門薬剤師を目指す

自分磨きでキャリアアップ

キラキラしたいあなたへ

キラキラしたいあなたへ 当サイトの管理人は医療に関する分野で何度か転職をしながらキャリアアップをしてきました。そうした自分自身の経験や周囲の人たちのことを振り返ってみて、キャリアアップには大切にするべきポイントがあると感じています。そうしたポイントを特に介護、看護、薬剤の分野の人に対してお伝えできるよう当サイトを開設しました。なお当サイトへのご意見ご要望はこちらまでお寄せください。

専門薬剤師を目指して

専門薬剤師を目指して

医薬の調剤を行う薬剤師

Pocket

医療技術の変化

現在医療の技術や治療の方法論は急激な勢いで進化しており、現場の医師に求められるものは大きく変化しました。そしてその変化に合わせて薬剤師の役割も以前と変わってきています。
まず医療の進化や高度化についてですが、これはとどまるところを知りません。例えば精緻な手術器具や治療器具の開発が進んだことで、以前では行えなかったような外科手術が可能となっています。
また薬剤師と関わりの高い部分で言いますと、分子生物学や遺伝子科学などの発展は以前では考えられなかったような新たな薬剤の開発を可能としました。そのため治療に用いる薬剤の種類は年々増えていますし、その利用方法も複雑化が進んでいます。背景にある科学自体が進んだ結果、これまでの薬剤と物質的に異なるというだけではなく、異なる治療原理を持っている薬剤が登場してきたことのインパクトは大きいでしょう。
単に新しい薬剤の名称と効果を覚えれば良いというわけではなく、現場の医師や薬剤師はその学問的な背景まで学び直さなければなりません。このような状況に対応するために薬剤師と医師の役割分担が進みました。そして薬剤師が高度な治療に対応できるよう専門薬剤師制度という制度が2008年に誕生したのです。

専門薬剤師制度

専門薬剤師制度は医師における内科や外科の分別に近い概念かもしれません。多様化する病気の症状やそれに合わせた治療の複雑化に合わせて、薬剤師もいくつかの専門分野に分かれてそれぞれの分野で専門性を磨くことで複雑化する治療や薬学に対応できるようにしようという発想です。
従来の一般的な薬剤師であれば医師の要望に合わせて正確な薬剤の調合や投与ができていれば事足りていました。しかし専門薬剤師制度では今までのような正確な調合や投与は当然として、薬剤師にも専門家として治療提案を行うことが求められているのです。

専門薬剤師の種類

専門薬剤師の制度が上記のようなものであるために、専門薬剤師は複数の種類に分けられます。特に代表的なものとして、がんの治療に特化したがん専門薬剤師などがあげられます。がん専門薬剤師は抗がん剤の投薬療法などの専門家として、治療計画を提案するとともに抗がん剤が誤った使われ方をされないか監視する立場でもあります。
またその他に精神科専門薬剤師も時代のニーズに沿った存在と言えるでしょう。近年は心を病んでうつ病となってしまう方も多く、そうした方の治療や社会復帰は社会の大きな課題と言えます。精神疾患への投薬療法はその他の薬剤の利用とはまた違った観点から注意をしなければいけません。このように専門薬剤師には様々な役割があるのです。