自分磨きで認定看護師資格取得へ

自分磨きでキャリアアップ

キラキラしたいあなたへ

キラキラしたいあなたへ 当サイトの管理人は医療に関する分野で何度か転職をしながらキャリアアップをしてきました。そうした自分自身の経験や周囲の人たちのことを振り返ってみて、キャリアアップには大切にするべきポイントがあると感じています。そうしたポイントを特に介護、看護、薬剤の分野の人に対してお伝えできるよう当サイトを開設しました。なお当サイトへのご意見ご要望はこちらまでお寄せください。

認定看護師資格取得への道のり

認定看護師資格取得への道のり

患者の心身のケアをする看護師

Pocket

認定看護師とは

看護師のキャリアパスを考える際に、認定看護師を目指すというのも有力な選択肢の1つになります。特に看護学校での学術分野の仕事や、企業での仕事をしたいわけではないけれども、かといって病院内で管理職として出世したいわけでもないという方に特におすすめの選択肢と言えるでしょう。もし上記のような状況だったとしても、何のキャリアプランも描かないというのは危険です。
これまでは看護師不足の時代が続いており、看護師が転職を希望する場合は売り手市場なためキャリアプランを真剣に考える必要性はそれほど高くはありませんでした。しかしこれからの時代もそのような状況が続くとは限りません。特に今の日本の社会保障費は非常に高額になってきており、制度破綻を避けるために診療報酬制度の体系見直しも行われ、その過程の中で看護師の雇用が抑制され始めている側面もあります。
つまり今後はただ漫然と仕事をしてきただけというような看護師が活躍できる余地が減っていくかもしれないのです。そのような未来の可能性を考えた場合、管理職というわけではないけれども特定分野に絞って専門性を磨きその分野での指導能力を発揮出来る認定看護師の資格は今後の看護師のキャリアプランを考える上で心強い資格と言えます。

認定看護師の役割と仕事内容

近年の医療や看護は治療技術の高度化や社会問題の変化によって複雑化してきており、1人の看護師が全ての分野の知識に精通することは非常に難しくなってきています。そのため看護に関する分野ごとに分野専門家を認定する認定看護師の制度が誕生しました。
現在認定看護師の資格は21の分野で定められており、具体的には救急看護や小児救急看護、それに乳がん看護や糖尿病看護、認知症看護など病気内容や治療テーマに沿って定められています。認定看護師はそれぞれの専門分野に精通した存在であり、その分野での実践はもとより、病院内で他の看護師の指導を行ったり相談にのったりする存在になります。
より具体的な仕事内容ですが、普段の仕事は他の看護師とそれほどかわりません。多少病院によっても異なりますが、自分が認定されている分野で、他の看護師では対処できない問題が出た際に駆り出される存在と言えます。ただそうした非常時以外に、自分の担当分野での病院内での啓蒙活動を行う場合も多く、研修会や勉強会などを企画しその講師を務めることもあります。

認定看護師になるメリット

認定看護師になる一番のメリットですが、資格手当による収入増加と言えるでしょう。今後は夜勤手当なども削減される可能性が高いので、収入設計を考える上で重要になります。
また、専門分野での活躍ができるようになるため、看護師としてのやりがい、キャリアについて考える方にとっては非常に為になる資格と言えるでしょう。