仕事で自身を高める

自分磨きでキャリアアップ

キラキラしたいあなたへ

キラキラしたいあなたへ 当サイトの管理人は医療に関する分野で何度か転職をしながらキャリアアップをしてきました。そうした自分自身の経験や周囲の人たちのことを振り返ってみて、キャリアアップには大切にするべきポイントがあると感じています。そうしたポイントを特に介護、看護、薬剤の分野の人に対してお伝えできるよう当サイトを開設しました。なお当サイトへのご意見ご要望はこちらまでお寄せください。

自身を高めるキャリアアップ

自身を高めるキャリアアップ
Pocket

キャリアアップが注目される理由

近年キャリアアップという言葉を多くの場所で使われるようになってきました。以前よりも耳にする機会が増えたという方は多いのでないでしょうか。ここまでキャリアアップという概念が注目されるようになった背景には幾つかの理由があります。
まず一番大きな理由は人材の流動化が進み、個人が自分のキャリアを自分自身で考える必要性がでてきたためと言えるでしょう。以前の日本人の職場であれば終身雇用と年功序列、また各部署を順番で移動しゼネラリストを目指すキャリア形成が一般的でした。そのような時代であれば個人が自分自身のキャリアプランを考える必要はありませんし、キャリアアップという概念も生まれません。せいぜい同僚との出世争いに勝とうというくらいになります。
しかし、長引く不況によるリストラやITを中心とした新産業の登場によって終身雇用の前提は崩れ人材の流動化が始まりました。また社会の複雑性が上がるに従ってこれまでのようなゼネラリストを目指すというキャリアはともすれば専門性のない、使い勝手のない人材という評価を受けることにもつながりかねない状況となってしまいました。そのため、個人が自分はどういった点を強みとし、キャリアを伸ばしていくのかということを自分自身で考えなければならなくなったのです。

キャリアアップとは自分磨きのこと

ここであらためてキャリアアップという言葉の意味を整理しておきましょう。一般的な認識としてキャリアアップという言葉は転職と近い意味で使われることがあります。確かにキャリアアップを行うために転職をするということはよくあることなので、両者の距離は非常に近いと言えるでしょう。
しかしだからと言ってキャリアップが即座に転職に結びつくということではありません。あくまでも転職はキャリアアップを実現するための手段であり、キャリアアップそのものは自分磨きをすることです。このことを誤解してしまうと、無駄に転職を繰り返してしまい否定的な意味でのジョブホッパーとなってしまいかねません。
転職を行う場合、キャリアアップという言葉の本来の意味をよく理解し、自分磨きにつながるのかどうかをきちんと考えてからすると良いでしょう。

当サイトが提供するもの

当サイトでは上記のような考えに基づき日本の医療や介護を支えている介護士や看護師、薬剤師の方のためのキャリアアップと自分磨きのための方策について情報提供を行っています。その中で転職が必要な部分について転職を成功に導くための情報提供を行っていますし、資格取得が重要な場合はそれに関する情報をお届けしています。