自分磨きに福祉系資格を取得する

自分磨きでキャリアアップ

キラキラしたいあなたへ

キラキラしたいあなたへ 当サイトの管理人は医療に関する分野で何度か転職をしながらキャリアアップをしてきました。そうした自分自身の経験や周囲の人たちのことを振り返ってみて、キャリアアップには大切にするべきポイントがあると感じています。そうしたポイントを特に介護、看護、薬剤の分野の人に対してお伝えできるよう当サイトを開設しました。なお当サイトへのご意見ご要望はこちらまでお寄せください。

福祉系資格の取得を

福祉系資格の取得を

高齢者の生活を支える介護福祉士

Pocket

キャリアパスに繋がる資格

介護士のキャリアパスを考える上で資格は絶対に無視できない要素です。介護の仕事は基本的に資格職であり、より上級の仕事に就くには専用の資格を取得しなければなりません。医者の仕事に就きたければ医師免許が必要なことや、看護師の仕事に就きたければ看護師免許が必要なことと同じです。

上級の仕事に就くことができれば仕事の幅が広がって介護の仕事からより多くの面白味を感じられますし、より多くの人の役に立てます。また給与やボーナスなどの待遇も良くなります。ぜひ上級の資格にチャレンジしましょう。ただ上級の資格といってもいくつか種類があるので、特に目指す価値がある資格についてお届けします。

ケアマネージャー

まず介護士の仕事の頂点的な位置付けとしてケアマネージャーの資格は押さえておいた方が良いでしょう。正式には介護支援専門員という資格で、各都道府県によって認定される資格になります。この資格がなければ介護を行う際に必要なケアプランの作成を行うことができません。
つまりある人への介護全体をマネジメントし、医療や看護などの様々な機関との連携を図ることがケアマネージャーの仕事になるのです。給与も介護職の中では特に高くおすすめの資格と言えるでしょう。

社会福祉士

社会福祉士の資格は福祉系の資格の中でも最難関と言われており、それだけに挑戦しがいのある資格です。この資格の取得者はソーシャルワーカーの仕事に就けるようになり、介護の仕事だけではなく、身体や精神に障害を抱えた方の社会復帰を支援する仕事に就くことができます。
身の回りのお世話だけでなく、社会的に活躍するための支援をすることが出来る仕事なので、上手く支援を達成できた時のやりがいは介護関連の仕事の中でも一番かもしれません。

精神保健福祉士

精神保健福祉士の資格は少し社会保健福祉士の資格に似ており、精神に疾患や障害を抱えた人が日常生活を中心に社会生活を送るための支援を行うのに必要な資格です。
取り扱うテーマが人間の心や精神という目に見えないものなので、普段の仕事の中で何を拠り所としたら良いのかなどは迷われるかもしれません。しかし心を病む人が多い今の時代、多くの人に求められている仕事と言えます。

柔道整体師とレクリエーション介護士

なお上記の3つはキャリアパスとして特に目指す価値がある資格なのですが、直接的なキャリアに関係なくとも介護の仕事を行う上で取得すると役に立つ資格もあります。それが柔道整体師とレクリエーション介護士です。柔道整体師は身体の介護、レクリエーション介護士は精神の介護の役に立つと言えるでしょう。
余力があればこうした資格の取得もおすすめです。